bitpress

LINE、LC18で独自のブロックチェーン技術を用いた「LINEトークンエコノミー」構想を発表

投稿日:

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、2018年6月28日「LINE CONFERENCE 2018」を開催。新たな挑戦としてブロックチェーンを活用した「LINEトークンエコノミー」構想などを発表しました。




「LINEトークンエコノミー」構想


■「LINEトークンエコノミー」構想
LINEでは、独自のブロックチェーン技術を用いて、ユーザーがサービスを評価し、評価に応じたインセンティブをLINEが独自に発行する通貨を用いて付与することで、サービスを更に成長・拡大させていく、「LINEトークンエコノミー」構想を発表しました。

これにより、さまざまなサービスを活性化させ、ユーザーを活性化させていきます。また、「LINE」以外のさまざまなサービスにもこのトークンエコノミーを広げていく予定で、独自に導入する際の膨大なコストと時間をおさえ、似たようなニーズを持つサービスやクライアントも簡単に参加できるようなシステムを構築していきたいと考えています。

既に今年4月にはDAppサービス設計および開発を行う開発組織「LINE Blockchain Lab」や、トークンエコノミーの設計を行う子会社「unblock(アンブロック)」を立ち上げたほか、今年5月にグローバルブロックチェーンプロジェクト「ICON」とパートナーシップを締結し、トークンエコノミー関連技術の開発を行う「unchain(アンチェーン)」を設立するなど、本格的にブロックチェーン技術の開発、研究を進めております。

▼「LINE CONFERENCE 2018」を開催
▼LINE公式サイト

LINE、LC18で独自のブロックチェーン技術を用いた「LINEトークンエコノミー」構想を発表
bitpress

-bitpress

Copyright© 仮想通貨ニュース , 2018 AllRights Reserved.