bitpress

OKIなど3社、ブロックチェーン技術を活用したインセンティブ・ポイントプログラム「Yume Coin」共同開発

投稿日:

 沖電気工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 鎌上信也、以下「OKI」)、株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石徳生)およびZEROBILLBANK JAPAN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 堀口 純一、以下「ZBB」)の3社は、ブロックチェーン技術を活用し、“行動・動き”に応じてポイントを付与するインセンティブ・ポイントプログラム『Yume Coin』を共同開発、『Yume Coin』利用者のモチベーション維持・向上の効果の検証を目的に、6月より実証実験を開始。



連携の背景
OKIは、2018年4月にイノベーション推進部を発足させました。現在各所でイノベーションを目指した活動が活発化しており、中でも国連で2030年に向けて「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)が定められたことを受け、様々な社会課題の解決に向けた取り組みが行われています。イノベーションの目的は顧客体験を「課題のある今日」から「解決された未来」にシフトすることにあります。OKIは、センシング、ネットワーク、データ分析を強みとしたIoTビジネスプラットフォームを提供し、SDGsの社会課題を解決することを目標に、「医療・介護」「新物流」「生活・住宅」を当面のターゲットとした新事業の検討を行っています。

ベネフィット・ワンとZBBは、ベネフィット・ワンが提供する優秀な成績を残した従業員等にポイントを付与する報奨制度「インセンティブ・ポイント」と、ZBBが提供するブロックチェーン技術を活用し、従業員の“行動・動き”に応じて、企業が任意に付与条件を設定した企業内通貨を付与・管理する「ZBB CORE」を連携させるサービスを今年2月に開発しました。

そしてこのたび3社は、OKIのIoT端末と、ベネフィット・ワンとZBBのサービスを組み合わせた利用者の行動変容を後押しするインセンティブ・ポイントプログラム『Yume Coin』を共同開発し、実証実験を開始いたします。

実証実験を通じて、利用者のモチベーション維持・向上に与える過程を分析することで、サービス向上に向けた改善を行います。そして、将来的には、画像認識、AI対話等、OKIのもつセンシング技術を加え、IoT端末から得られるデータの分析を通じて、サービス利用者周辺の環境状況・行動を把握できる仕組みを目指してまいります。

■『Yume Coin』概要

OKIのIoT端末と、ベネフィット・ワンとZBBのサービスを組み合わせた利用者の行動変容を後押しするインセンティブ・ポイントプログラム。
<特徴>

  • 利用者が健康推進・改善に向けた行動等をとった際に、行動の対価として、自動的にインセンティブ・ポイントを付与する。
  • 貯まったポイントは、ベネフィット・ワンが提供するレストランの食事券や映画、観劇などのエンターテインメントチケット等、約2万点の商品と交換ができる。

『Yume Coin』のイメージ図


尚、3社は6月13日(水)に、インセンティブ・ポイントをテーマに、『Yume Coin』について紹介するセミナー「インセンティブ・ポイント2.0~IoT×ブロックチェーンを活用した最新テクノロジーで変革する新しい働き方~」を共同で開催。

▼OKI、ベネフィット・ワン、ZEROBILLBANK JAPANが連携 ブロックチェーン技術を活用したインセンティブ・ポイントプログラム『Yume Coin』を共同開発

▼沖電気工業公式サイト

OKIなど3社、ブロックチェーン技術を活用したインセンティブ・ポイントプログラム「Yume Coin」共同開発
bitpress

-bitpress

Copyright© 仮想通貨ニュース , 2018 AllRights Reserved.